施術内容

毛穴

小鼻にできるポツポツとした黒ずみや、頬の開いた毛穴は、肌が汚く、疲れているように見えるものです。そんな毛穴トラブルは加齢とともに深刻になっていくことも。トラブルの原因を理解し症状にあった治療をすることで、毛穴レスな美肌を目指しましょう!

毛穴にはとても重要な働きがあります

毛穴の数は、顔だけで約20万個もあると言われています。赤ちゃんの毛穴は全く目立ちませんが、実はその数は大人になってもほとんど変わらないのです。毛穴レスな美肌を目指す女性にとっては毛穴は邪魔な存在と感じるかもしれませんが、実は肌にとって非常に重要な役割をしています。

●毛穴から出る皮脂によって、肌の水分を閉じ込め乾燥を防ぎます。
●毛穴から出る皮脂のよって、ホコリなどの刺激から肌を守ります。
●汗や皮脂などの老廃物を排出する事で、肌の新陳代謝を促します。

毛穴の開きは、加齢、皮脂、乾燥が原因!

●たるみ毛穴
加齢により、真皮内のコラーゲンやエラスチンが減少することで、肌のハリや潤いが失われたるみが生じます。その影響で毛穴も楕円形に垂れ下がってしまい毛穴が目立つようになります。

●脂性毛穴
皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴が大きく開いた状態になります。さらに余分な皮脂を放っておくとニキビなどの肌トラブルを引き起こします。特に暑い時期は脂性毛穴になりやすいです。

●乾燥性毛穴
季節による乾燥や、過剰な洗顔により、本来必要な皮脂が失われます。その結果、肌は油分を補おうと過剰に皮脂を分泌するため毛穴が広がり、詰まります。

毛穴の黒ずみは、角栓や色素沈着が原因!

●角栓が黒ずむ
開いた毛穴の中に、余分な皮脂と古い角質が固まって詰まったものが「角栓」です。正しい洗顔ができていないと、肌のターンオーバーが乱れ、この角栓が取り除かれず酸化し黒くなります。これが毛穴の黒ずみの原因です。

●色素沈着
悪化したニキビは、真皮層まで大きなダメージを与え、皮膚組織を傷つけます。炎症が起きたことで、毛穴まわりにもメラニンが生成され、茶色く色素沈着してしまいます。さらに治癒後、その箇所の毛穴が開いたままの状態になることで毛穴が目立ちます。

毛穴トラブルの対処方法

毛穴トラブルを起こさないためには、「正しい洗顔と保湿」が最も重要です。皮脂や角質などの余分な老廃物を取り除き、正常なターンオーバーを促す事で、肌は清潔に保たれトラブルは起こりにくくなります。しかしながら、ホルモンバランスの乱れや環境因子などの要因もあり、セルフケアだけで美しい肌を保つことは非常に困難です。さらに、自己判断による間違ったケアは状態をもっと悪化させてしまいます。
当クリニックでは毛穴の状態に応じた専門の治療方法がありますので、まずは医師の診察を受けてみてください。大きな毛穴になる前に毛穴トラブルを解消しましょう。

毛穴トラブル

角栓毛穴(毛穴の黒ずみ)

特徴

黒いボツボツ
表面がザラザラしている
いちご鼻

原因

皮脂と角質が毛穴に詰まったものが「角栓」。その角栓が酸化すると黒ずみが生じる。

色素沈着毛穴(毛穴の黒ずみ)

特徴

毛穴に沿った黒ずみ
ニキビあと

原因

ムダ毛の自己処理や、過剰な皮脂分泌で、毛穴に炎症が起こり、毛穴周囲に色素沈着が起こる

たるみ毛穴(毛穴の開き)

特徴

涙型に開いた毛穴

原因

加齢により、肌にたるみが生じ、毛穴も楕円形に垂れ下がってくる。

脂性毛穴(毛穴の開き)

特徴

大きく開いた毛穴
暑い時期になりやすい

原因

皮脂が過剰に分泌され、常に毛穴が大きく開いた状態に。皮脂量が多い人もなりやすい。

乾燥毛穴(毛穴の開き)

特徴

肌がかさつき、ごわごわする。

原因

乾燥により、肌に潤いやハリが失われ、皮脂が過剰分泌される。