施術内容

     

ネオPRP(高濃度W-PRP療法)

自身のエイジングケア成分で若々しく

ネオPRP(高濃度W-PRP療法)とは、自身の血液から遠心分離で抽出した血小板と白血球を注入する再生医療から生まれた若返り治療です。
血小板や白血球に含まれる豊富な成長因子がコラーゲンやエラスチンなどを生み出す線維芽細胞を活性化。キメの細かいハリ感溢れるツヤ肌へと肌質改善するとともに、小じわやくすみなどのエイジング症状も内側から改善します。

PRPはこのような方におすすめ

  • 特徴1

    目の下の凹みや
    小じわが気になる

  • 特徴2

    根本的な肌質改善
    をしたい

  • 特徴3

    ハリやツヤが
    なくなってきた

  • 特徴4

    目の下のクマや
    くすみが目立つ

  • 特徴5

    首や手などに
    老いを感じる

高濃度W-PRP療法のメリット

・自分の細胞を使うため安全性が高い
・マシンや注入など他の施術では難しい肌質改善効果が得られる
・体への負担が少ないにもかかわらず、効果が長期間続く

PRP療法の進化版「高濃度W-PRP療法」とは?

PRP療法とは自分の血液から濃縮したPRP(Platelet Rich Plasma=多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう))を抽出し、加齢の気になる部位に注入することで、まるで時計の針を巻き戻したかのようなツヤ感とハリ感に満ちた肌へと改善する若返り治療です。
 
血小板に含まれる豊富な成長因子には、細胞自体の活性化、細胞増殖や血管の形成を促進する作用があるため、加齢によって減少したコラーゲンやエラスチンを増やし、皮膚そのものを若返らせる効果が得られます。
 
そして、血小板に加えて白血球も適量抽出することが可能となったのが『高濃度W-PRP療法』です。白血球が加わったことで、より多くの線維芽細胞を誘導し、活性化することが可能となったため、PRP療法の進化版とも言われています。血小板と白血球の相互作用が働くことで組織構築力がアップし、より高い効果を実感できるようになりました。
 
また、アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる公的機関)やヨーロッパのCEマークも取得しており、品質の安全性と効果が実証されている治療法となります。

高濃度W-PRP療法の特徴

・少量の採血(17ml)で1.5mlの高濃度W-PRPを採取
・皮膚そのものの若返りを叶える豊富な成長因子を含む
・7〜9倍の高濃度に濃縮された血小板の抽出
・血小板に加え、適量濃縮された白血球も抽出
・血小板と白血球の相互作用でより高い効果が得られる
・採血から注入まで短時間で完了
・自分の細胞を使うためアレルギー等の心配もなく安全性が高い

適応

高濃度W-PRP療法は以下のような症状に有効です。
 
小じわ、皮膚のしぼみ、凹み、目の下のくま、目尻のちりめんジワ、眉間の凹み、ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴライン、口元のシワ、たるみ毛穴、首のシワ、手のシワ・しぼみ等

自由が丘クリニックの高濃度W-PRP療法

◎気になる部位にきめ細やかに注入することで効果アップ
採取した高濃度W-PRPは極細の針を用いて気になる部分に細かく注入いたします。この手法により、症状を改善したい部分全体に成分が行き渡るとともに、針の刺激が細胞を活性化する作用も得られるため、より高い効果を実感いただけます。
 
◎長年の経験と豊富な知識に裏打ちされた確かな技術力
自由が丘クリニックでは2007年よりPRP治療を開始。多くの症例を積み重ねることで、より安全且つ効果的な手技を開発してまいりました。
また、古山登隆理事長は2019年開催の日本美容皮膚科学会総会・学術大会において、教育講演「再生医療」の座長を務めるなど、美容を目的とした再生医療の発展にも尽力しております。
 
◎安全性にこだわった治療
採取したPRPに成長因子(フィブリン)を添加することは、線維芽細胞の異常増殖による肉芽の形成や皮膚のしこりなどの原因となりうるため、当院では行っておりません。患者様の安全性を第一に考えた治療を行っております。
 
◎再生医療等委員会による承認
自由が丘クリニックは、日本美容外科医師会認定再生医療等委員会より、PRP療法の承認を得た医療機関です。(施設番号FC3220061)

「ダーマペン4」との組み合わせで効果と即効性がアップ!

高濃度W-PRP療法と組み合わせることで、さらなる美肌効果と素早い効果の実感が得られる治療が「ダーマペン4」です。
 
皮膚表面に微細な針を刺して傷をつけ、その部分に高濃度W-PRPを浸透させることで、注入より浅い層での皮膚組織が活性化。さらに、針でつけた傷が治る過程で得られる創傷治癒作用による美肌効果も得られます。
 
より肌の表面に近い細胞が活性化されるため、効果の実感が早いというメリットもあり、高濃度W-PRP療法と組み合わせるには最適の治療です。
 
さらに、ニキビ跡など注入だけでは改善が難しい症状にも効果を発揮します。

診察の流れ

1. カウンセリング

ドクターがお悩みやご希望などを丁寧にカウンセリング。注入箇所や必要な量などを決定します。

2. 麻酔

注入箇所に麻酔テープを貼ります。(無料)

3. 採血

腕などから採血します。少量なので貧血の方でも可能です。

4. 遠心分離

採取した血液を遠心分離器にかけ、高濃度W-PRPを抽出します。

5. 注入

高濃度W-PRPを極細の針で注入していきます。症状や部位によってはカニューレを用いて注入を行います。
※カニューレ使用の場合でも別途料金は発生いたしません。

症例

Before
After

毛穴の開き、目尻の小じわ、ほうれい線やゴルゴラインが目立たなくなりました。また、くすみも改善しハリやツヤの改善が見られます。
【施術名】高濃度W-PRP+ダーマペン4
【回数】2回
【料金】1回 176,000円
【概要やリスク】下記をご覧ください

料金(税込)

ネオPRP(高濃度W-PRP療法)

  • 1回
    115,500円

ダーマペン4 + ネオPRP

  • 1回
    123,200円
  • ※2022年9月30日までのご優待料金

ネオPRPの概要やリスク

麻酔

麻酔シールまたは麻酔クリーム

所要時間

2時間程度(採血〜注入まで)

洗顔・メイク・入浴

翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。

効果の持続期間・ 推奨回数

高濃度W-PRPは肌の細胞に直接働きかけ、自己再生能力を高めることで皮膚自体を若返らせる治療法であるため、コラーゲンなどが増え、肌質が変わったという効果を実感するまでに1〜3ヶ月程度の時間がかかります。
また、その持続期間は1年程度と言われています。当院では、より高い効果と持続性をアップさせるとして、3〜6ヶ月毎に3回の施術を行うことを推奨しています。

副作用・ ダウンタイム

・針を使用して注入するため、治療部位に腫れや赤み、内出血が出ることがありますが、通常1〜2週間程度で消失します。
・稀ですが、注入によってしこりが生じることがあります。
・感染(化膿):通常は起こりませんが、糖尿病などで細菌に対する抵抗力が弱っている場合には化膿することがあります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。

注意事項

・抗凝固薬や抗アレルギー薬を使用している方は、ドクターへご相談ください。
・妊娠または授乳中の方、内服治療中の方はお受けいただけない場合があります。

ご予約・お問い合わせはお電話にて 初めての方はご予約フォームから