施術内容

眼瞼下垂

眼瞼下垂は保険適応の場合もございます

「まぶたが上がりにくくなった」「まぶたが重い」「眼が十分に開けない」そのような症状は眼瞼下垂の可能性があります。また、肩こり、頭痛、鬱などの症状を引き起こすこともありますので、放置せずに診察を受けることをおすすめいたします。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、まぶたを引き上げる筋肉 眼瞼挙筋(以下挙筋と呼びます)につながっている挙筋腱膜が 、加齢や眼のこすり過ぎなどによって伸びたり外れたりする病気です。
正常な状態の場合、人は眼を開けようとすると挙筋が収縮します。そしてその力が腱膜に伝わって瞼板が引き上げられ、まぶたが開くのです。しかし、老化、あるいはアレルギーで眼を擦りすぎるなどの物理的原因が繰り返されると 、腱膜と瞼板の接続部分がはずれたり、腱膜自体が伸びたりしてしまう場合があります。すると、挙筋の力が瞼板に伝わりにくくなり、まぶたを上手く持ち上げることが出来なくなります。
こうして目の開きが悪くなると多くの人は、他の筋肉を使ってもっとまぶたを持ち上げようとします。その代表的なものが額の筋肉(前頭筋)で、眼瞼下垂が進むにつれて、常にこの筋肉を使って目の開きを助けようとするために、眉毛が下がり、額にシワができるようになります。このことは、老けた印象をもたらすだけでなく、疲労、頭痛、肩こりの原因になります。また、まぶたは眼瞼挙筋以外にも、ミューラー筋という開瞼を助ける筋肉があります。
眼瞼下垂になるとこの筋肉を動かしている交感神経が常に緊張するようになり、これが不眠やうつ病を引き起こすこともあるのです。
こう聞くと非常に重大で稀な症状のように思われますが、実際には程度の差はあるものの、多くの人が加齢や日常の何気ない習慣により、この「眼瞼下垂」になっている可能性があるのです。 そしてこれは保険適用も受けられる立派な病気であり、しっかりと治療することで併発して起こる様々な悩みやトラブルを緩和することも期待できるのです。
※保険が適用可能かどうかは、症状により基準があります

治療

前述のように、眼瞼下垂は挙筋腱膜の「ゆるみ」や「はずれ」が原因ですので、治療は腱膜を修復する手術が必要となります。
上の図は腱膜性眼瞼下垂に対して、当院で行っている基本的な手術「挙筋腱膜前転術」を示しています。その要点は、ゆるんでいる、またははずれている挙筋腱膜を引き出して、腱膜の張りを 回復した状態で瞼板に縫い付けるということにあります。「前転」とは腱膜を引き出して前下方へ移動した状態で固定することを意味しますが、結果的に挙筋腱膜が短くなるので、「挙筋短縮術」という 言い方をすることもあります。
どれ位腱膜を前転させるのかが良いかは、手術中にまぶたの開き具合を確認しながら判断します。
なお、まぶたは見た目の印象を大きく左右する部位です。実際の手術では単に腱膜の修復を行うだけでなく、皮膚のたるみを切り取ったり、きれいで自然な二重になるように仕上げるなど、 整容面にも最大限配慮しております。

a.皮膚切開(切除)、隔膜前脂肪切開、拳筋腱膜切離

b.拳筋腱膜を引き出す(前転)

c,d.前転した拳筋腱膜を瞼板に縫合固定

料金(税別)

  • 治療
    診断が確定すれば
    保険適応
  • 初診料
    無料

備考

所要時間 両目で1〜2時間
通院回数 1回目: カウンセリング 2回目:手術 3回目:手術翌日に患部をチェックと検査  4回目:抜糸(術後7日目)

関連する施術

二重まぶた埋没法

埋没法はプチ整形とも呼ばれる比較的手軽に受けることのできる二重形成術です。 クリニックソフィアでは目の手術を得意とするドクターのみが担当いたします。

二重まぶた切開法

切開法はたるみや眼瞼下垂なども解消できる二重形成術です。 クリニックソフィアでは目の手術を得意とするドクターのみが担当いたします。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、その名の通り、ヒアルロン酸を注射する治療法です。 メスを使うことなく若返りを図れる、また、手軽で即効性も高いことから、クリニックソフィアで人気の治療法となります。