施術内容

二重まぶた埋没法

経験豊富なドクターによる二重埋没法

埋没法はプチ整形とも呼ばれる比較的手軽に受けることのできる二重形成術です。
クリニックソフィアでは目の手術を得意とするドクターのみが担当いたします。

埋没法の効果と特徴

  • 特徴1

    ダウンタイムが
    短い

  • 特徴2

    傷跡がほとんど
    残らない

  • 特徴3

    もしものとき
    元に戻しやすい

  • 特徴4

    術後の腫れが
    少ない

  • 特徴5

    短い施術時間

埋没法とは

埋没法は、まぶたに糸を通すだけで二重にできる手術です。手術時間が短く、術後の回復が早いのが特徴です。使用する糸は皮膚の裏側に埋め込んでしまうので外からは見えず、抜糸は不要です。
比較的若い方で、とりあえず一重を二重にする、二重が不安定なので安定化する、二重の幅を少し広くするなどの目的では、切開法ではなく、埋没法を選択することが多いです。
しかし、まぶたの悩みには腫れぼったさや皮膚のたるみ、眼瞼下垂など、埋没法では解決できない場合もありますので、医師の診察を受ることが大切です。

二重になる仕組み

まぶたを開ける時に働く筋肉を上眼瞼挙筋といいます。まぶたの中でこの筋肉は挙筋腱膜につながっており、腱膜は瞼板というまぶたの支持組織に付着しています。二重まぶたの人では、腱膜の線維の一部が皮膚の裏側に連結していて、まぶたを開ける時、瞼板が持ち上がると同時に皮膚が引き込まれて折りたたまれるため、これが二重として見えるのです。一重の場合には,腱膜と皮膚の間に脂肪などが介在し、腱膜の線維と皮膚がつながっていないため、まぶたを開けても皮膚の折りたたみができません。つまり、まぶたを閉じている時とあまり変わらない状態のまま持ち上がっているわけです。
本格的な二重の手術(切開法)では、折りたたみの邪魔になっている組織を取り除いたうえで、皮膚と腱膜のつながりを作ることで根本的な解決を図りますが、通常はまぶたの縁の皮膚を瞼板に固定するだけでも折りたたみができます。この固定を簡単に行うのが埋没法です。

施術の流れ

1.ドクターによるカウンセリング

ドクターが診察をいたします。患者様のまぶたの状態を確認し、ご要望を伺いながら、最適な治療プラン、料金をご説明いたします。ご不明な点はお尋ねください。

2.診察

手術の前に診察室で患者様のご希望をよく聴き、鏡を見ながら二重の形と幅を決めます。これを基に、実際の手術ではベッドに横になって頂いてから、計測により糸でとめる位置を正確にデザインします。

3.麻酔

局所麻酔の注射を皮膚と眼瞼結膜(まぶたの裏側の粘膜)の両方に行います。注射の痛みをなるべく和らげるため、皮膚には手術の前に表面麻酔テープをしばらく貼り、結膜には点眼麻酔を行っています。

4.手術

埋没法による手術を行います。

料金(税別)

  • 埋没法
    120,000円〜
  • 初診料
    無料

備考

※所要時間の目安 約30分
※通院回数の目安 1回目カウンセリング 2回目手術

よくあるご質問

埋没法はどのような方に向いていますか?
以下のような方には埋没法をおすすめしております。
・皮膚のたるみが少ない、比較的若い方
・腫れを最小限にとどめたい方
・できるだけ早くアイメイクを行いたいなど、日常生活に早めに戻りたい方
・長期の休みが取ることができない方
・気軽に二重にしたい方

関連する施術

二重まぶた切開法

切開法はたるみや眼瞼下垂なども解消できる二重形成術です。 クリニックソフィアでは目の手術を得意とするドクターのみが担当いたします。

眼瞼下垂

「まぶたが上がりにくくなった」「まぶたが重い」「眼が十分に開けない」そのような症状は眼瞼下垂の可能性があります。また、肩こり、頭痛、鬱などの症状を引き起こすこともありますので、放置せずに診察を受けることをおすすめいたします。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、その名の通り、ヒアルロン酸を注射する治療法です。 メスを使うことなく若返りを図れる、また、手軽で即効性も高いことから、クリニックソフィアで人気の治療法となります。