施術内容

男性型脱毛症治療薬

AGA治療は内服薬から

「抜け毛が増えた」「髪の毛が薄くなってきた」と
感じた時はありませんか。
AGA(男性型脱毛症)対策は早めのケアが大切です。

AGAとは

AGA(エージーエー)とは、成人男性によくみられる、髪が薄くなる状態のことです。
Androgenetic Alopecia(アンドロジェニックアロペシア)の略で「男性型脱毛症」という意味です。思春期以降に額の生え際や頭頂部のどちらか一方、もしくは双方から薄くなっていきます。
一般的に「遺伝」や「男性ホルモンの影響」などが主な原因と考えられており、年齢とともに抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。このような髪の毛の変化は、個人差はありますが、20代前後から始まって、35歳までには約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れます。
AGAは進行性ですので、何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。

AGAの原因

AGAの脱毛はDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが高濃度になり、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因と考えられています。
男性ホルモンのテストステロンが、5α-リダクターゼという還元酵素の働きで、ジヒドロテストステロンに変換され、これが毛乳頭細胞にある受容体と結合して、髪の成長を抑制してしまうといわれています。
成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細い短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。
※5α-リダクターゼの働きには個人差があり、遺伝が強く影響しているといわれています。

男性型脱毛症治療薬の種類

ザガーロ

ザガーロは2015年にAGA治療薬として厚生労働省に承認されました。
新しい薄毛や脱毛症を治療する内服薬としては最も新しいものになります。
AGAを引き起こす要因となる5αリダクターゼには1型と2型があるのですが、
ザガーロにはこの2種類の5αリダクターゼをどちらも阻害する働きがあります。

プロペシア

プロペシアは、経口タイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。世界60カ国以上で承認されている、薄毛治療ではよく使われる薬になります。
特に抜け毛を減らす効果があり、抜け毛が気になり始めた初期段階で服用をはじめると、早く元の状態に戻せると考えられますので、早めの受診をおすすめいたします。
なお、プロペシアは成人男性のみが服用対象で、女性と未成年は服用することはできません。

料金(税別)

  • ザガーロ
    12,000円
  • プロペシア
    10,000円
  • フィナステリド(プロペシアのジェネリック)
    8,000円
  • 初診料
    無料

関連する施術

ミノキシジル

ミノキシジルを頭皮に塗布すると、毛細血管が拡張し、血流が活発になります。 その作用で頭皮環境を活性化し、発毛を促進します。

女性の発毛

女性に多いびまん性脱毛症はFAGA(女性男性型脱毛症)とも呼ばれ、その原因は様々です。 原因の改善を心がけると同時に、診察を受けられることをおすすめします。

ビタミン注射

普段の食生活では十分に補うことの難しい各種ビタミンを、直接体内に投与することにより、成分がダイレクトに効果をもたらします。身体の不調はもちろん、肌トラブルに対しての効果も即効的に実感をしていただけます。患者様のご希望に合わせて各タイプをご用意しております。