施術内容

脂肪溶解注射

メスを使わない部分痩身術

「お腹の脂肪」「お尻のたるみ」「たぷたぷな二の腕」など気になる部位を解消。注射をするだけなので体への負担も少なく、人知れずスリムな体へと改善をします。

脂肪溶解注射の効果と特徴

  • 特徴1

    部分痩せ

  • 特徴2

    セルライトの解消

  • 特徴3

    ボディラインを
    整える

  • 特徴4

    ダウンタイムが
    ほとんどない

  • 特徴5

    自然な
    サイズダウン

脂肪溶解注射(メソセラピー)とは

1952年にフランスのミッシェル・ピストール博士によって開発された治療法で、「Mesoderm=中胚葉(皮下の結合組織や脂肪組織など)」に薬液を注射により投与する治療法です。 1987年にフランス医療学会が「メソセラピー」を伝統的な医学に付随する治療法と認め、大学医療部で導入されました。
また、ヨーロッパや南米等で幅広く行われている治療方法ですが、最近ではアメリカにもこの方法が紹介され、徐々に広がっています。『脂肪溶解注射』もそういう意味では「メソセラピー」の一つといえるでしょう。

脂肪溶解注射の成分と効果

『脂肪燃焼注射』の薬剤「lipostabil(主成分ホスファチジルコリン)」は、レシチン(大豆より抽出)というリン脂質の一種で、古くからヨーロッパ、アメリカで高脂血症や血管硬化の治療薬として使用されています。 また、「lipostabil」は全身麻酔手術後の脂肪塞栓症の予防薬としても近年よく用いられるようになっており、その脂肪溶解作用を応用して部分やせに使用したことが始まりです。
脂肪組織に注入することで、その部分に脂肪分解リパーゼが作られ、この酵素が脂肪を溶かします。脂肪組織そのものが溶けるため、効果や持続は脂肪吸引手術と同様といえるでしょう。

脂肪溶解注射の治療期間

注射を打つと脂肪の燃焼→排泄を繰り返しますが、初期段階は燃焼を繰り返します。
個人差がありますが、おおよそ3回目くらいから燃焼された脂肪細胞が排泄され始め、脂肪が減少していくことを実感できるようになります。
1〜2週間間隔で通院いただくことをおすすめいたします。

施術イメージ

気になる部位へ脂肪溶解注射をいたします。

料金(税別)

  • 1回
    50,000円
  • 3回
    120,000円
  • 6回
    200,000円
  • 初診料
    無料

関連する施術

インディバトリートメント

脂肪燃焼によるダイエット、冷え性や内臓機能の向上、たるみの引き締め、クマの解消、ハリを持たせる、リフトアップなど、健康から美容まで、あらゆる効果をもたらす高周波の温熱療法は、心地よさで癒されながらの、まさに“極上トリートメント”です。

エンダモロジー

ボディラインの改善、セルライトによる皮膚のデコボコ改善、リラクゼーション、ドレナージュなど、目的ごとに使いこなせる多彩なトリートメント・プログラムです。お一人おひとりの目的や肌質に応じてプログラムをアレンジすることで、最適なトリートメントを提供します。 

おすすめ記事