ボトックス注入で額(おでこ)や眉間、目尻、あごの小じわ、しわを改善する。自由が丘クリニックソフィア

ボトックス注入「たるみを取るボトックスリフト」
高い技術力 ボトックスとは しわを取る たるみを取る 顔立ちを整える
汗を抑える ふくらはぎを細くする 花粉症を抑える 施術の流れ・Q&A 失敗しないために
たるみ、毛穴の開きを改善する[ボトックスリフト]
たるみを改善する『ボトックスリフト』
注入は、顔全体を覆うようなイメージで行います。
『ボトックスリフト』はしわをとるために使われているボトックスを、顔面の皮膚直下に注射し、皮膚を引き締めることによってたるみをとる注入療法です。
ボトックスを注入することで、毛穴が一つ一つ縮小するため、皮膚が引き締められたようになります。この効果がたるみを改善して、すっきりとした顔立ちをつくることができます。
フェイスリフト手術ほどの時間をかけることなく、フェイスラインのたるみを取り、引き締め効果を発揮します。個人差によって異なりますが、ダウンタイムはほとんどありません。
たるみを取る[ボトックスリフト]のその他の効果
『ボトックスリフト』はたるみを改善する以外にも次のような効果があります。

毛穴改善 → 通常のボトックスのしわ改善効果と、毛穴引き締め効果でたるみの改善をします。
ニキビ → 毛穴を縮小する効果と同様に、ニキビに直接部分注入することで、ニキビの炎症をやわらげます。
顔の汗の抑制 → 汗の分泌をつかさどる交感神経の作用をボトックスによって抑え、汗腺(エクリン腺)の働きを弱めることで汗の量を軽くします。

進化する注入術の集大成的手技、『ハートシェイプフェイス』
一般的に、“若々しく、美しい”といわれる人の多くは、顔の輪郭が丸みをおびたハート型をしています。
これを『ボトックス』や『ヒアルロン酸』を使った注入によりつくり出すことが、『ハートシェイプフェイス』という、自由が丘クリニックの考える新しい若返りの注入方法です。

“若々しく、美しい”といわれる顔のポイントは、顔全体を「額」、「目と鼻」、「口元」の3つのゾーンに分け、それぞれが均等に3等分され、さらに口角〜目尻〜眉尻のラインが一直線になっていること、つまり「逆三角形顔」がポイントになります。
さらに顔全体の輪郭が「ハート型」になっているとより“美人度”がアップします。
しかし、ただ単に「顔のパーツが美しく整っている」だけでは美しい顔とは認識してもらえません。逆に「パーツが顔全体にバランス良く配置されている=整った顔」の方が、より美人度が高くなります。
しかし難しいことに、“バランスが良いだけ”の「平均点の顔」では、なかなか“平均点を超える”ことはできません。
そこで「それぞれのパーツの個性」をより際立たせることで、「人を惹きつける魅力のある顔」になることができます。

それが 1.スムーズで丸みをおびた輪郭 2.高い頬 3.斜めに引き締まるほほ 4.細くはっきりとしたあごのライン という法則です。



具体的には、頬骨を中心として粒子の大きい固めの『ヒアルロン酸』で頬のボリュームを出し、さらに『ボトックスリフト』を併用してたるみの改善をすると同時に、法令線や小じわなどの治療も行います。
この治療法はとても自然で若々しい、自分本来の美しさを達成できるということで多くの方に好評です。

『ボトックスリフト』は、
●「しわに対して筋層」
●「たるみに対して皮内」
に注入して、“魅力的な顔”をつくります。


部位A:額のシワ解消・アーチ型の眉をつくる
部位B:フェイスラインの引き締め・小顔、ほほ、首のしわ・たるみ解消
部位C部位A + 部位B

たるみを改善、小顔をつくる『ボトックスリフト』 料金
1.
部位:
150,000円(税別)
2.
部位:
262,500円(税別)
3.
部位:  
375,000円(税別)
初診料 無料