ボトックス注入で額(おでこ)や眉間、目尻、あごの小じわ、しわを改善する。自由が丘クリニックソフィア

ボトックス注入「施術の流れ・Q&A」
高い技術力 ボトックスとは しわを取る たるみを取る 顔立ちを整える
汗を抑える ふくらはぎを細くする 花粉症を抑える 施術の流れ・Q&A 失敗しないために
施術の流れ
ドクターがカウンセリングをします。どの部分が気になるのか、具体的なアドバイスをくれます。
注入する部分のメークを落とした後、注入部位にペンレスシール(麻酔シール)を貼り、麻酔が効くまで30分程待ちます。
ドクターが注入部位をマークした後、注入します。麻酔が効いているので痛みはほとんど感じません。(施術時間は10分ほど)

 マークを洗浄綿で消して5分程冷やして終了です。

 注入直後は、軽いメークならOKです。

Q&A
ボトックスはボツリヌス菌と聞きました。菌を注入して大丈夫なのでしょうか。
ボトックスは菌そのものを注入するわけではなく、菌が作ったタンパク質を注入します。そのため、痛みや腫れなどもほとんどありません。約半年ほど効果が持続した後、自然に体内に吸収されてもとの状態に戻りますのでご安心ください。
更に自由が丘クリニックでは唯一厚生労働省より認可を取得している製剤を使用しています。
どれくらい持ちますか?
個人差がありますが、4ヶ月程度を境にして、最終的に効果が無くなるまで大体半年程度です。ですから4ヶ月を目安として定期的にボトックスを注入することで、良い肌状態を維持できると思われます。
ボトックスを額に注入すると眉毛が吊り上がると聞きましたが?
ボトックスは経験豊富で技術のあるドクターが行わないと顔立ちが変わる恐れがあります。自由が丘クリニックでは、その方の顔に合わせて注射のポイントを調整します。
また自由が丘クリニックでは厚生労働省より認可されている製剤を使用するにあたり、ドクターは厚生労働省が定めた実技講習を修了しています。
繰り返し注入しても構わないですか?
適度に間隔をあけているのであれば(3ヶ月〜6ヶ月に一度)問題ありません。また、ボトックスは表情筋によるしわをつくりづらくするので、しわの予防にも効果的です。
腫れや赤みはでますか?
個人差がありますが、ボトックスは腫れや赤みがほとんどでないと考えてよいでしょう。
痛みはありますか?
麻酔テープを貼るため痛みはほとんどありません。ボトックスに関しては、強いていえば針を刺す瞬間はボールペンの先で皮膚をつついているような感覚です。
お化粧はいつからできますか?
当日からお化粧していただくことも可能です。運動や入浴なども通常通りで結構です。