ボトックス注入で額(おでこ)や眉間、目尻、あごの小じわ、しわを改善する。自由が丘クリニックソフィア

ボトックス注入「海外でも評価される高い技術力」
高い技術力 ボトックスとは しわを取る たるみを取る 顔立ちを整える
汗を抑える ふくらはぎを細くする 花粉症を抑える 施術の流れ・Q&A 失敗しないために
『ボトックス注入技術トレーニングセンター』として「アラガン社」より認定
アラガン社のボトックス注入トレーニングセンターとして認定。
豊富な臨床経験と充実の設備が評価され、当院の古山ドクターがしわ消し治療薬「ボトックス(R)」で世界的に有名な「アラガン社」の『ボトックス注入指導医』に選ばれています。
これにより、自由が丘クリニックがその注入技術を日本全国の医師に指導する『ボトックス注入技術トレーニングセンター』として認定を受けました。
世界各国から注入療法のエキスパートとされるドクターも来日し、自由が丘クリニックにおいて、古山ドクターを筆頭に注入技術の指導を行っています。


海外でも高い評価を得るボトックス注入の“技”
世界各国のボトックス注入の名医と講演を行っています。
ドクター・ラスファルド(フランス・左)、ドクター・ウー(シンガポール・中上)、ドクター・フェリペ(スペイン・中下)、Asia Pacific Medical Aesthetics Congressでの講演(セブ島・右
自由が丘クリニックでは、日本のボトックス注入の黎明期からしわ治療を開始しており、これまで積み重ねてきた症例数と技術力では先端を走ってきたと自負しています。
特に古山ドクターにおいては、「ボトックス注入指導医」としても活躍しており、最近ではフランスやスペイン、オーストラリア、シンガポールなど、海外の著名なドクターとともに、ミーティングやセミナーなどでの講演、実技指導を行っています。

『Asia-Pacific Advisory Board Meeting』に日本の代表として、唯一招待される

2010年7月、メルボルンで開催された「Asia-Pacific Advisory Board Meeting」に、日本からは唯一、古山ドクターが招待を受け出席しました。 これは各国のボトックス注入でのしわやたるみ治療の第一人者が一同に会し、ボトックス注入の基礎研究から最新の応用術まで、解剖を交えた実践を行いディスカッションするミーティングです。
このような諸外国のトップクラスのドクターが参加するミーティングに招待されるのも、自由が丘クリニックのボトックス治療の技術が認められている証といえます。

セブ島で開催の『Asia Pacific Medical Aesthetics Congress』にも招待。

公演中の様子(左)、会場の風景(右上)、日本でもご一緒したフランスのドクター・ラスファルド[右]とシンガポールのドクター・ウーとも再会(右下)
2012年3月22日〜25日、フィリピン・セブ島で行われた『Asia Pacific Medical Aesthetics Congress』に古山ドクターが招待され、講演を行いました。
フランス、シンガポール、ブラジル、オーストラリアなどの各国から、世界トップクラスの美容外科医が集結し、主にボトックスとヒアルロン酸注入の技術と今後の可能性についての議論や発表が行われました。
自由が丘クリニックでは、早くからボトックス注入による治療を行ってきた実績と技術力が評価され、このような国際ミーティングに招待されることもたいへん多くなっております。

『ボトックス注入テクニカルセミナー』で、ドクターへの指導も行っています

ボトックス注入テクニカルセミナーでの指導風景。
自由が丘クリニックでは、古山ドクター、佐藤ドクターなど、ボトックス注入において経験豊富なドクター陣が多いことから、主に皮膚科ドクターを対照とした 『ボトックス注入テクニカルセミナー』に指導医として招かれています。
これはNPO法人「皮膚の健康研究機構」の主催で、ボトックス注入の知識、技術をより深めるために、参加されたドクター方への技術指導を中心として行われています。
このようにボトックス注入技術が認められたドクターが施術を行うのも、自由が丘クリニックならではの“ワンランク上のボトックス”といえます。

★セミナー詳細→

ボトックス治療で大学病院、専門の研究機関と連携

自由が丘クリニックでは、ボトックス治療に関する最先端の知識や技術を共有するため、大学病院や専門機関との連携を行っております。 当院の佐藤英明ドクターがセンター長を務める北里研究所病院美容医学センターを始め、東京女子医科大学、群馬大学、NPO法人など、しわやたるみ治療以外にも国内外から集まる最新の情報を共有する取り組みを続けています。

*群馬大学との共同研究→


ボトックス注入の結果は、ドクターの技量によって大きく左右されます
ボトックス注入の名医、古山登隆。
ボトックス注入の名医、佐藤英明。
理事長 古山ドクター
佐藤ドクター

ボトックス用顔カルテ。
注入専用の顔カルテ 
自由が丘クリニックはボトックス注入を初期から取り入れており、今までに積み重ねてきた経験の多さから、独自の注入専用のメソッドを持っています。
また、古山ドクターをはじめ、北里研究所病院美容医学センター長でもある佐藤ドクターなど、早くからボトックス注入を取り入れてきたドクターが多いことも特徴です。
最近はボトックス注入を行うドクターも増えていますが、ボトックス注入はドクターの技量により、仕上りの結果が大きく左右されるので注意が必要です。
ひどい場合だと、「両眉がつり上がる」、「目が垂れ下がってしまう」、「まぶたが動かない」、「口が動かない」などの失敗が起こりえます。
こうなるとある程度の修正ができる場合もありますが、そのほとんどがボトックスの効果が落ち着くまでそのまま、ということにもなってしまいます。実績のある信頼できるドクターを選ぶことがとても重要です。
ボトックス注入の失敗例。
眉が上がりすぎてしまった例


信頼性の高い厚生労働省認証薬『ボトックスビスタ』を使用
自由が丘クリニックでは、厚生労働省より認可を取得している製剤をいち早く導入し使用しています。
現在、厚生労働省未認可である中国製や韓国製等のボトックスが個人輸入され使用されている実態がありますが、中にはかなり粗悪なものもあり、健康被害の報告例もありますので、できるだけ安心のおけるものを使用した方が良いでしょう。

★当院も紹介されています! 詳細はこちら→
ボトックスビスタは眉間のシワ治療で厚生労働省に認可されています。