東京 目黒区の自由が丘クリニック|美容皮膚科・美容整形外科
傷・やけど跡の除去
 


気になる傷跡・やけどの跡を取って美しい肌に

傷跡には、事故などによる怪我の跡、切開・縫合などの手術の跡、やけどのケロイド等いろいろな種類があります。基本的に、傷を負ってから最低6ヶ月くらいは自然治癒期間と見て治療は考えないほうが良いでしょう。

その期間を過ぎても目立つ場合には、傷跡(瘢痕)修正法とレ−ザ−治療法があります。その他、傷跡の盛り上がった状態が目立つ場合にはステロイド局所麻酔注射(ケナコルト注射)が有効です。傷跡の色素沈着には軟膏療法、赤みにはIPL(光治療)、気になる傷跡を除去したい場合には手術療法があります。手術の際は、傷跡の部分を切除し、元の状態にできるだけ添う方向で縫合します。


治療・手術名称 傷・やけど跡の除去
摘要 切除術 レーザ−治療
料金 50,000円(税別)〜/ケナコルト注射 1本(1ml) 3,000円(税別)
初診料 無料
所要時間の目安 約30分〜
通院回数の目安 1回目:カウンセリング・治療
2回目以降:治療
手術前の検査(血液検査、心電図など)が必要な場合、別途費用となります。
手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の10%をお支払いいただきます。
手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更をする場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
治療・手術の所要時間、術後の経過(抜糸・自然な見た目になるまでの期間)はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。