隆鼻術で鼻筋を高くするなら千葉の自由が丘クリニックソフィアへ。

東京 目黒区の自由が丘クリニック|美容皮膚科・美容整形外科
美容皮膚科・エステの千葉 自由が丘クリニックソフィアHome » 隆鼻(プロテーゼ挿入法/軟骨移植法)
隆鼻(プロテーゼ挿入法/軟骨移植法)
 
隆鼻術とは|美容整形で鼻を高く
隆鼻術とは、ひとことで言えば鼻を高くする手術のことです。こう言うと簡単なように聞こえますが、高くしたいのは鼻全体か、付け根の部分(鼻根部)だけか、あるいは鼻先(鼻尖部)だけか、などによって手術の方法が異なってきます。
また、高くするのに用いる材料としては人工物(シリコンインプラント)と自家組織(主に耳の軟骨を用いる)があり、それぞれに長所・短所があります。
患者様の希望により、どちらの方法にも対応していますが、私は安全性や自然さなどの点で「一生もの」となり得る自家組織移植法に、特に力を注いでまいりました。
alt="美容整形で鼻を高く|自由が丘クリニック
手技
インプラント法
自家組織移植法
メリット
・手技が簡便
・高さの調節が容易
・除去が容易
・費用が安価
・元々の鼻のような、自然な外観を得られる
・感染、露出などのリスクは極めて低い
・人工物でない安心感がある
・レントゲンなどに写らない
デメリット
・見た目の硬質的な印象
・鼻の皮膚が薄くなる
・インプラントが露出するリスクがある
・レントゲンに写る
・長期使用で石灰化する可能性がある
・ミリ単位の高さ調整は困難
・組織の採取が必要
・除去は簡単ではない
・費用が高い
中でも「細片軟骨と筋膜を用いた隆鼻術」は、従来行われていた軟骨移植法の欠点を克服する術式として、日本では私が初めて行った手術です。これまで数多くの実績を重ねて、学会等でも随時報告してきました。
自画自賛ではありますが、高度な技術を必要とし、大変手間のかかる手術であるため、この方法を模倣する外科医はあまりいないようです。
中北信昭ドクターのセミナー写真|美容整形による隆鼻術
特徴|プロテーゼ法・細片軟骨移植法"
シリコンインプラント法(プロテーゼ)|美容整形で隆鼻術
人工の材料であるシリコンを使って鼻を高くする方法です。使用するシリコンは主に「L型」と「I型」の2種類に分けられます。
シリコンL型|プロテーゼによる隆鼻術
L型インプラントの場合
L型のものを用いると、鼻全体を簡単に高くすることができます。元々の鼻の構造を全く変えることなく単純に挿入するだけであれば、取り除くことでほぼ完全に元の鼻に戻せることが、最大の利点と言えます。
しかし、L型のインプラントは特に鼻先の皮膚に負担がかかりやすく、最悪の場合には皮膚を突き破ってインプラントが露出することもあります。鼻先の皮膚が赤くなってきたら要注意で、除去するか自家組織への入れ替えをお勧めします。
シリコンI型|美容整形で鼻を高く
I型インプラントの場合
I型のインプラントを鼻スジ(鼻背)だけに入れるのであれば、鼻先には負担がかからず、より安全です。しかし同時に鼻先も高くするには、後述の鼻尖形成術が必要となります。
シリコンインプラント法(プロテーゼ)による隆鼻術のリスク|美容整形
いずれにしてもシリコンインプラントには人工物特有のリスクがあります。

人の体の変化に伴うリスク

人の体は常に変化(成長や老化など)をしていますが、インプラントは人工物なので形や硬さが変化しません。その為長い目で見ると、I型のものであっても皮膚が徐々に薄くなっていき、やがてはプロテーゼの形が浮き出たように見えてくることがあります。また体内に長期間入っていると、石灰化などの変性が起こって鼻を変形させる、などの問題が起こることがあります。その為出来るならば、10〜20年くらいでの入れ替えや除去をお勧めします。

細菌感染のリスク

人工物は細菌感染に弱いことも欠点のひとつです。術後しばらく問題がなかったとしても、何年も経ってから感染を起こすことがあります。いったん感染が起きるとインプラントを取り除かない限り炎症はおさまりません。また感染は変形の原因にもなり得ます。

仕上がりの不自然さ

仕上がりがやや不自然になりやすい、という欠点もあります。インプラントの大きさや厚みをかなり控えめにすれば問題ないのですが、しっかりしたものほど、したがって特にL型のものでは、インプラントの輪郭が透けて見えるような印象になりがちです。これは主に固形シリコン独特の硬さによる(製品によっても色々な硬さがあるが)ものと考えられます。
一方、プロテーゼ法には自家組織移植法にくらべて有利な点もいくつかあります。まず自家組織移植の場合には必要な、鼻以外の場所から組織を採取する必要がない、除去は自家組織よりはるかに簡単である、手術時間が短くてすむ、そして費用が安い、などです。

色々と不安なことを書きましたが、インプラントは長く隆鼻術の材料として使用されてきたものなので、必ずしも悪いものであるという訳ではありません。私も患者さんの希望があれば、シリコンプロテーゼを使い手術をすることもあります。しかし手術の際には、インプラントを使用することで上記のようなリスクがあることも知っておかなければいけません。
自家組織移植法|美容整形による隆鼻術
自家組織移植法は、上記で述べたシリコンインプラント法で起こりうるリスクのほとんどを解消した、画期的な手術方法です。
鼻への移植材料として一般的なのは、耳の軟骨と側頭部の皮膚の下にある筋膜という組織です。これらの組織を単独、または組み合わせて鼻背に移植しますが、通常は鼻先も高くして、形を整えるために鼻尖形成を同時に行います。
鼻先を美しく見せる鼻尖(鼻の頭の部分)の形成について
日本人は鼻先が丸く幅広い、いわゆるだんご鼻となっていることが多いので、これを細く、高くするのを目的として行います。実際には鼻尖に元々ある左右の軟骨を引き寄せて縫合し、必要に応じて脂肪除去や耳からの軟骨移植を行います。L型のシリコンインプラントで鼻先を突き上げるのと異なり、鼻先の形を根本的に改善できます。
術前写真|隆鼻、隆鼻術、自家組織移植法 術前写真|隆鼻術、鼻、美容整形 術後写真|隆鼻、隆鼻術、自家組織移植法 術後写真|隆鼻術、鼻、美容整形
術前 術後
自家組織移植法1|鼻、隆鼻、美容整形
鼻先の脂肪を適度に取り除き、小鼻(鼻翼)の軟骨を一部切除します。
自家組織移植法2|隆鼻術、鼻、美容整形 小さくなった小鼻の軟骨を引き寄せて縫合し、耳の軟骨を入れて形を整えます。
自家組織移植法3|美容整形、鼻、隆鼻術
鼻スジを美しく見せる従来法による鼻背への移植について
耳の軟骨を板状に採取し、鼻背に移植する方法です。
軟骨の凹凸や輪郭が浮き出て見えることがあるので、これを防止するために、しばしば側頭筋膜をかぶせて移植します。
鼻筋に軟骨を挿入する。
従来法の問題点|隆鼻、隆鼻術、鼻、自家組織移植法、美容整形
長細い板状の軟骨を取れる場所は限られていて、その部分の軟骨は薄いため、十分な高さを得るには2〜3枚を重ねる必要があります。しかし耳から平らな板状の軟骨を何枚も採取するのは簡単ではなく、結局期待した程の高さが得られないのが難点でした。また、板状の軟骨をたくさん取ると、耳が多少変形する恐れもあります。
筆者は現在、この方法は鼻を高くする目的ではなく、鼻スジの凹凸や軽い曲がりを整えたりする場合に限って行っています。
自家組織移植法|隆鼻、隆鼻術、鼻、美容整形
平らな板状の軟骨を何枚も採取することは難しい。
従来法が抱えるこれらの問題点を解決したのが、筆者が編み出した「細片軟骨移植法」です。
中北院長オリジナル手段 細片軟骨移植法|美容整形で鼻を高くする隆鼻術
細片軟骨移植法|隆鼻、隆鼻術、鼻、中北信昭
この手法の一番の特徴は、耳の軟骨を板状のままではなく、細かく切り刻んで用いるということにあります。この場合必要な軟骨は平らなもので無くてもよいので、厚みを重視して耳の穴周辺部(耳甲介と呼びます)から軟骨を採取します。
これを細片にして集めると、板状の軟骨を重ねるよりも簡単にボリュームが得られます。
軟骨を採取する場所。
細片軟骨移植法の流れ|隆鼻、隆鼻術、鼻、中北信昭
細かい粒のままでは移植できないので、側頭筋膜で袋を作製し、これに細片軟骨を詰めて鼻背に挿入します。前述したように、通常は鼻尖形成も同時に行って、バランスのとれた美しい鼻を作ります(その場合耳から小さな板状軟骨を採取し、鼻先に移植します)
細片軟骨移植法で、何が改善されるか
細片軟骨移植法による隆鼻術|美容整形で鼻を高く
従来法では採取できる軟骨の量に限界がありましたが、この方法を行うことによって十分な量の軟骨を採取することが可能となり、高さが不足することが無くなりました。
また板状軟骨移植でみられたような凹凸が出ることもなく、耳の変形を心配する必要も無くなりました。
細片軟骨移植法|美容整形による隆鼻術4
術前写真1|隆鼻、片軟骨移植法、美容整形
術前写真2|隆鼻術、細片軟骨移植法、美容整形 術前写真3|鼻、片軟骨移植法、美容整形
術前
術後写真1|隆鼻、片軟骨移植法、美容整形
術後写真2|隆鼻術、片軟骨移植法、美容整形 術後写真3|鼻、片軟骨移植法、美容整形
術後
『細片軟骨移植法』は、自然で高く、美しい鼻に仕上がります。違和感もほとんどないことが、おわかりいただけると思います。
板状軟骨移植法に比べ、しっかり鼻が高くなるのは前記のとおりです。
それに加えて、プロテーゼ法で手術をした場合にみられるような、不自然な(硬質な)印象を与えることがありません。
プロテーゼ、板状軟骨移植両方の欠点を補うことが可能なため、患者様の高い満足度が得られています。

この方法は非常に手間がかかるので、手術時間は3〜4時間ほどを要します。その為費用も高めになりますが、シリコンインプラントでは絶対に得られない価値があると自負しています。
自家組織移植法は、何らかの問題が生じた時に、プロテーゼに比べて除去や修正が困難という欠点もありますが、細片軟骨を用いたオリジナル法の場合には、従来法よりも取り出すのが容易であることも確認しています。

もはや、「簡便」という理由以外にプロテーゼを選ぶ要素は、あまり無くなったと言えるのではないでしょうか。ただ、プロテーゼ法より大がかりな手術になる為不安を抱かれる方もいるかも知れません。じっくり話し合って納得がいく方法を選択して頂ければと思います。
すでにプロテーゼが入っていて何らかの違和感を感じている方も、是非一度ご相談下さい。
中北信昭ドクター|美容整形による隆鼻術|目黒区の自由が丘クリニック
中 北 信 昭
形成外科・美容外科/医学博士

北里大学形成外科美容外科非常勤講師、元北里大学形成外科准教授
日本形成外科学会会員/日本美容外科学会正会員/日本頭蓋顎顔面外科学会会員/日本臨床皮膚外科学会会員/国際形成外科学会会員/日本顎変形症学会会員/日本形成外科専門医/日本美容外科学会専門医

主として顔面の美容外科(鼻や骨格形成では可能な限り人工物を使わないことを信条とする)、 頭蓋顎顔面外科、小児顔面先天異常。大学では美容専門外来の主任を担当
料金
 施術部位  通常料金(税別)
プロテーゼ挿入法
 300,000円(税別)〜
軟骨移植法
 470,000円(税別)〜
 初診料
なし
 手術時間
約1〜4時間
 麻酔の種類
局所麻酔または全身麻酔
 入院の有無
局所麻酔の場合は無・全身麻酔の場合は有
 ダウンタイム(復帰時間)
約1週間
手術前の検査(血液検査、心電図など)が必要な場合、別途費用となります。
手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の10%をお支払いいただきます。
手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更をする場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
治療・手術の所要時間、術後の経過(抜糸・自然な見た目になるまでの期間)はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。