目元ののたるみを取る(上まぶた)なら自由が丘クリニックソフィア

東京 目黒区の自由が丘クリニック|美容皮膚科・美容整形外科
上まぶたのたるみを取る
 
上まぶたのたるみ・眼瞼下垂の治療 美容整形外科 自由が丘クリニック
自由が丘クリニックのまぶたのたるみ取り術

自由が丘クリニックの上まぶた(上瞼)のたるみ取りは、大学病院での経験豊富なドクターが担当します。研修医や経験の浅いドクターは一切担当しません。
詳しくはこちら→

数々の雑誌で名医に選ばれている中北院長をはじめ、超一流のドクター陣がカウンセリングから、オペ後のアフターフォローまで行います。
詳しくはこちら→
すぐにその場でオペをすすめるのではなく、しっかりカウンセリングを行い、リスクなども説明した上で納得してからオペに入っていただくようお話をしています。
価格競争に乗らない、本物の技術や安心感を求める方におすすめするプレミアム美容整形術です。
手術方法の種類 最適な手術法 料 金
          
上まぶたのたるみとは
加齢とともに上まぶた(上瞼)の皮膚が垂れ下がってくると、見た目には活気が薄れて暗い印象になりがちです。元々はっきりした二重だった方も、皮膚がかぶさって奥二重あるいは一重のように見え、ご自身でもまぶたが重いと感じるようになります。さらにたるみがひどくなってくると、視界が狭く感じられるため、無意識にもっと目を見開こうとして額の筋肉を使い、常に眉毛が持ち上がるようになります。
その結果、額のシワが増えて一層ふけた印象になるだけでなく、疲労や肩こりなどの症状を伴うようになることもあります。(頭痛や肩こりは「眼瞼下垂」の時によくみられる症状ですが、単なる皮膚のたるみでも起こり得ます。尚、いわゆる「まぶたのたるみ」と「眼瞼下垂」は似ているようですが、病態や治療法は全く異なります。)
上まぶた(上瞼)のたるみを解消すると、目力がアップして生き生きとした表情と若さがよみがえる、視界が広がる、疲れも取れる、額のシワも減るなど、すばらしい効果が期待できるのです。
手術方法のバリエーション
1.上眼瞼皮膚切除
2.眉毛下皮膚切除(上眼瞼リフト)
3.眉毛上皮膚切除(眉毛リフト)
4.前額リフト
われわれが通常行っているのは1と2で、3と4の適応はごく一部の症例に限られます。
上眼瞼皮膚切除
図1 上眼瞼皮膚切除における切開線
上眼瞼皮膚切除術
最も一般的に行われている方法で、垂れ下がっているまぶたの皮膚とそのすぐ下にある筋肉(眼輪筋)を直接切り取って縫合します[図1]。
直接的なのでたるみを減らす効果は大きく、傷あとが二重の線やしわにまぎれて非常に目立たないのが利点です。また、二重があいまいになっている場合には、同時に二重の固定(切開式重瞼術と同じ)を行うことができます。さらに、眼瞼下垂に対する腱膜修復術を同時に行うことも可能です。
しかしこの方法には以下のような弱点もあります。

1.
まぶたの皮膚が厚い人では、たるみが減ったにもかかわらず以前よりまぶたが腫れぼったい印象になる。(この理由については項目2で述べています)[図5]
2.
術後の腫れが完全に引いて極めて自然な状態になるには、2の方法に比べて時間がかかる(2週間から1ヵ月ほど)。


眉毛下(内)皮膚切除
図2 眉毛下皮膚切除法(上眼瞼リフト)における切開線
眉毛下皮膚切除法
傷あとが目立たなくなるように、実際には眉毛内に少し入ったところで切開します。
また、術後に眉毛が垂れ下がったような形になるのを防ぐため、下向きになっている最外側の部分は切除します。
方法1の欠点を解決するために近年広く行われるようになった方法です。二重の線の位置で皮膚を切り取るのではなく、眉毛の下縁に沿って皮膚を切除して縫合します。[図2]
これによりまぶたに垂れ下がった皮膚は上方に引き上げられるので上眼瞼リフトとも呼んでいます。通常皮膚の下にある筋肉も切除し、残った筋肉どうしを縫合する、または下方の筋肉を眼窩(眼球が収まっている骨の穴)の縁の骨膜に縫いつけることで、リフト効果を高めます。加えて元々まぶたが腫れぼったい場合には、筋肉の下にある脂肪、さらにその奥にある脂肪(眼窩脂肪)も一部切除します。
図3 上眼瞼皮膚の厚みの変化
上眼瞼皮膚の厚みの変化
さて、この方法が上眼瞼皮膚切除法に比べて優れている点を説明します。まぶたの皮膚は、まつ毛に近い眼瞼縁では非常に薄いのですが、上方にいくにしたがって厚くなっています。[図3]
図4 上眼瞼皮膚切除
上眼瞼皮膚切除
上眼瞼皮膚切除法では、皮膚が比較的薄い部分をたるみとして取り除くことになるので、縫合線すなわち二重の線の直上に接する皮膚が、以前より厚みのある皮膚になります。[図4]
それでも元々まぶた全体の皮膚が比較的薄い人では、ほとんど問題にならないのですが、皮膚が厚めの人では腫れぼったさが表れてしまうのです。[図5]・[図6]
図5 上眼瞼皮膚切除術:元々まぶたの皮膚が厚いタイプ
術前:上まぶたの皮膚が厚いタイプ
術後:まぶたのたるみ改善
たるみは改善したが、まぶたがやや腫れぼったい印象。
図6 上眼瞼皮膚切除術:まぶたの皮膚が薄いタイプ
術前:まぶたの皮膚が薄いタイプ
術後:まぶたの腫れぼったさ解消
まぶたの腫れぼったさは無い。
図7 眉毛下皮膚切除法
眉毛下皮膚切除法
眉毛下皮膚切除では、瞼縁から離れた皮膚の厚い部分を切り取って縫合するため、皮膚の薄い部分が温存されたままたるみが上方へ引き戻されることになり、項目1で述べた問題が起こらず、仕上がりがすっきりと軽い印象になるのが最大の特徴です。
また、たるみに隠れていた本来の二重が復活するので、極めて自然であることも大きな利点です。
[図7]・[図8]
図8 眉毛下皮膚切除術
術前:眉毛下皮膚切除術
術後:眉毛下皮膚切除術
術前:皮膚が厚いタイプ
術後:重さが減って目力アップ
元々かなり皮膚が厚いタイプ。
まぶたには直接手を加えていないが、重さが減って目力がアップし、明るい印象となった。
加えて術後の回復が早いのも特徴です。まぶたの腫れは起こりますが、通常1週間ほどで引き、その時点で極めて自然な状態が得られます。
欠点としては、上眼瞼皮膚切除に比べると傷あとが長い、見えやすいということが挙げられます。しかし丁寧に縫合することによって非常に目立たない傷に仕上げることができます。まぶたがスッキリしたことによる満足度が高いこともあって、これまでのところ術後の傷あとに悩まされているという患者様は一人もいらっしゃいません。

この方法は一般に、たるみが比較的軽い人に向いていると言われますが、実は非常に重度なたるみに対しても大変良い結果が得られます。たるみが強いほど皮膚の切除幅も多くなるわけですが、上眼瞼で直接多量の皮膚を切除すると、それだけ術後の厚ぼったさも強くなる傾向にあり、不自然にもなりがちです。やはり眉下で厚い皮膚をしっかり切り取ることによって(傷の長さもより長くなりますが)まぶたの重さが取れて楽になり、極めて自然な外観が得られるのです。[図9]
図9 眉毛下皮膚切除術:重度なたるみの例
術前:重度のたるみ
術後:上まぶたのたるみ解消
上眼瞼皮膚切除と眉毛下皮膚切除、貴方にはどちらが向いている?
筆者は最近眉毛下切除法の効果を高く評価しており、また患者様の満足度も高いことを実感しているので、上まぶた(上瞼)のたるみが気になっている方のほとんどにこの方法をおすすめしています。ただし、上眼瞼皮膚切除法がより相応しい場合もあります。

上眼瞼皮膚切除の良い適応

1.
元々まぶた全体の皮膚が薄いタイプの方
2.
同時にあいまいな二重をはっきりさせたい場合
3.
眼瞼下垂の手術を同時に行う場合
4.
眉毛とまつ毛との間の距離が短い方
5.
すでに眉毛下皮膚切除が行われていて、もう少したるみを減らしたい場合や二重があいまいになっている場合
6.
眉毛に沿った傷を少しでも残したくない方

料金
 施術部位  通常料金(税込)
 上眼瞼皮膚切除
 320,000円(税別)〜
 初診料
無料
 所要時間の目安
上眼瞼皮膚切除:約30〜60分
 通院回数の目安
上眼瞼皮膚切除:1回目 カウンセリング2回目 治療3回目 5日後に抜糸
手術前の検査(血液検査、心電図など)が必要な場合、別途費用となります。
手術日が決定しましたら、内金として予定手術費用の10%をお支払いいただきます。
手術日決定後に予約の取り消し及び日程を変更をする場合、キャンセル料が発生することがございますので、ご注意ください。
治療・手術の所要時間、術後の経過(抜糸・自然な見た目になるまでの期間)はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。